« 休み中の出来事 | トップページ | 社協だより »

ふれあいいきいきサロン(原新田地区)

ふれあいいきいきサロンへ行ってきました。

Cimg0110 ▲原新田地区会場

あいにくの雨でしたが、今回は町の※地域包括支援センターが計画した『流しそうめん』です。

Cimg0111 Cimg0113 ▲軒下に流しそうめん台を準備

台所では、民生委員さんなど協力員さんと参加者が一緒に薬味や付け合せ、おにぎりを作っています。

Cimg0114 Cimg0119

▲みんなで調理している様子

準備をしている間、その他の参加者の方におもしろい話を聞きました。

神川町には「元原、原新田、熊野堂」という大字があります。

この3地区をまとめて『三原(美原)』と言います。

三原。なんとなく想像はつきますが、熊野堂は「原」という字がついていないのに、なぜ熊野堂を含めて三原というのでしょうか。

質問してみると、熊野堂は元々『前原』という地名だったそうです。

だから、元原、原新田、前原の3原で『三原』と言うんだそうです。

知ってるようで知らない神川のこと。勉強になりました。

さてさて、プチ神川史を聞いているうちに準備完了!流しそうめんの始まりです。

Cimg0136 ▲そうめんが流れてきました

Cimg0124 Cimg0131

▲流しそうめんの様子

Cimg0138

▲みんなで作ったおにぎりもおいしくいただきました

初めて流しそうめんをした人も多く、楽しかったという声がたくさんありました。

※地域包括支援センター

≪趣 旨≫

地域包括支援センターは、地域住民の心身の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、地域住民の保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的として、包括的支援事業を地域において一体的に実施する役割を担う中核的機関として設置。市町村は責任主体。

≪業務の内容≫

1 包括的支援事業

  • 介護予防ケアマネジメント
  • 総合相談・支援
  • 権利擁護
  • 包括的・継続的ケアマネジメント支援

2 介護予防支援業務

  • 指定介護予防支援事業所として、要支援者のケアマネジメントを実施

                                  ▲厚生労働省(地域包括支援センターの手引きより)

|

« 休み中の出来事 | トップページ | 社協だより »

ふれあいいきいきサロン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれあいいきいきサロン(原新田地区):

« 休み中の出来事 | トップページ | 社協だより »